« 千穐楽 | トップページ | Show must go on と Love Fighter »

2020年4月 9日 (木)

正しい情報を得ることの大切さ

コロナウイルスの脅威はどこまで続くのか、先が見えない中で闘うことの辛さをきっと世界中の人が感じていることでしょう。

光ちゃんのSMGOにもあったように、

周りの人たちを守るために自粛する、

強制力のない日本で、一人一人の意識でコロナに立ち向かい、鎮めることができれば、

世界に誇れることだと思う。他国にはできないことを成し遂げたって、みんなが誇れると思う。

実際にはそんな風に思える人は少ないかもしれない。でも、要請しなくてもお店が自粛していて、街には人がいつもより少なくて、

その現実を見ただけでも日本人やっぱりすごいなと思った。自ら痛みを伴ってでも、世の中を理解できる人がたくさんいる。

ほんとに苦しい人はたくさんいるはずなのに。素晴らしいと思う。

ただ、中には輪を乱す人も必ずいる。自分とは想像つかない考えをしてる人もたくさんいる。

それはもう、仕方がないんだよね。みんなが清く正しい世界は存在しないわけで。

それでも大多数は誰かのためにコロナウイルスと向き合っているんだなと思います。

コロナウイルスが終息した世界が訪れた時には、最前線で闘って頂いている、命を守っていただいている医療従事者の全ての方に「たくさんの命を助けてくれてありがとう。」と伝えたいですね。伝えられる世の中になってほしい。きっと私には想像できないほど命がけのお仕事だと思います。どうか、ご自身のお身体も大切に、ご自身のご家族も大切に、平穏が訪れるまで無事でいてください。

 

私が最近気になっていることがあります。

ネットでよく見る情報って、多くの人は何を基準に”信じる””信じない”を決めているんだろう。→

あんま例えたくないですけど(笑)、例えば「KinKi Kids解散か」みたいなネットニュースよく見るじゃないですか。

でもファンは「またデマ流してしょーもない。本人一言も言ってないし」

ってすぐ”信じない”って判断します。本人たちが否定する前から。

でも、「トイレットペーパーが街から消えた!」とか「この薬は飲んだら悪化する!」

とかの情報はすぐRTしたり拡散しますよね。・・その情報を”信じる”根拠は何でしょうか。

製造元が「生産ストップしました」とも言ってない、専門家の人たちが「この薬は飲んじゃいけない」とも言ってない。

条件は同じはずなのになぜ人は信じて拡散するのか。

大学生に戻れるならこの研究したかったなーー(笑)めっちゃ興味ある。

 

まじめな話、情報を教えてあげよう、伝えてあげようという思いは素晴らしいです。

ただし、それは「正しい情報」でなければ意味がありません。特に人の命にかかわるウイルスであればなおさら。

間違った情報を拡散して、それを信じた人が死ぬこともあります。

その可能性まで想像できているのかな。1クリックで広められる手軽さに隠されているのに。と思う。

SNSは誰もが発信者になれます。身元がバレません。だからみんな簡単にTLしたりRTしたりする。

これがもし顔バレしてて、どこの誰かが分かったら、たぶんみんなRTしなくなると思う。

だってもし間違ってたら「この人が言ったから信じたんだ!」ってなるの怖いもんね。めっちゃ分かる。

なぜ怖いか。自分の発言が”正しいか”判断できないから。

最近ネットで拡散されているイブプロフェンがコロナウイルスの症状を悪化させるという話。

私はよく拡散されている情報のキーワードを拾って検索し、複数の情報元から最終的に信じるか信じないか判断します。

大学生の時にメディアリテラシーとして学んだ方法です。

それで言うと、私の中でこの件はほぼ間違っていると思っていますが、断言はできません。でも、少し調べるとこんな感じ。(調べたうちにも入らないけど)

・新型コロナ悪化の報告なし WHO、「イブプロフェン」服用への注意修正(時事ドットコム)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020032000734&g=int

・【解説】 新型ウイルスにイブプロフェンは危険? 事実と作り事の区別を(BBCニュース)

https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-51956596

・WHO 感染の疑いに「イブプロフェン」服用 控える勧告せず(NHK)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200320/k10012342521000.html

断言できない理由は、コロナウイルスとの関係性が解明されていないから。WHOで調査中だからということと、情報が少し古いということ。

正しい解釈の仕方としては、「悪化させるかどうかは調査中だが、悪化させるから服用してはいけないとするのは間違っている」ということです。

こういうことがネットの世界では往々にして起こりうる。

悪化するという間違った情報を信じて、お医者さんから処方された薬を飲まなかった場合、もしかしたらその人は死んでしまうかもしれない。

悪化するからこの薬は飲んじゃダメ!拡散希望!っていうTLは100RTを超えてました。怖いねぇ。

私は専門家じゃないから、その人に「間違ってますよ」って言える立場じゃないけど、怖いなあと思った。

そもそも「この情報ホントなの?」って思ったきっかけは、

テレビのニュースを朝と夜見るんですけど、最近は権威ある専門家の方々がスタジオで解説してくださってますよね。

その中で、イブプロフェンがコロナの症状を悪化させるなんて専門家の方たちから一言も聞いたことないぞと思って。

専門家の人たちは顔も身元もバレているだけでなく、発言にはきちんと専門知識と数多の資料に基づいて発言されている。

(政治家はわかんないけど)

だから私は信用しています。情報元も分かるし、いちいちほんとかどうか調べなくていいっていうのもあるけど(笑)

イブプロフェンがコロナを悪化させる、という情報がホントだったら、専門家の人たちは血相変えて警鐘を鳴らすと思うんです。だけどそんな人いなかったから多分間違ってるなと思って。

私はテレビのニュース番組を信用しています。断片的ではなくちゃんとストーリーになっているから誤解して受け取ることも少ない。

最近コメンテーター同士や専門家VSコメンテーターみたいな、互いの考え方の違いから言い争いが始まったりして、そういうの要らないんだけど、とは思うけど(笑)

冷静な意見交換とか討論は勉強になるんだけど、言った言わないとか、感情論で言い合いしたりとか、そういうのは意味がないので冷静になってほしいですね。みんな不安なのは視聴者と同じなんだけどね。そういう苛立った気持ちはテレビ越しに伝染しますから。

一方で、たくさんの人がネットの情報を信じてしまうのもすごくわかる。

理由は恐らく2つあって、

・自分が抱えている不安を共有したい

・情報元が特定しづらい

特に2つ目は、医療に関する情報は素人が調べて情報元を特定し、さらに真偽を判断するのはほぼ不可能だと思います。

だからこそ、誰が言ったか分からないことは安易に広めちゃダメです。

RTする前に、一度立ち止まって、ちょっとキーワード検索してみよう。これだけで情報に流されることは無くなります。

これから感染者も悲しいですが増えていくでしょう。人々の不安も増大します。

情報の錯綜がさらに激しくなったその時に、自分や周りの人たちを守るためにも正しい情報を得る努力をすることも、

感染予防の大切な1つだと思います。

« 千穐楽 | トップページ | Show must go on と Love Fighter »

みっこ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 千穐楽 | トップページ | Show must go on と Love Fighter »